プレハブの値段

プレハブの値段は様々な種類がありますから、一概には言えないのですけど、こちらでは主な種類の販売価格とリース価格を調べてみましょう。
指標になるのは組み立ても要らず設置するだけの「置くだけプレハブ」を例に紹介しましょう。完成済みのプレハブを現場に置くだけと言う、プレハブ工法の利点を最大限に生かした商品ですね。

プレハブの値段 住宅タイプ

「置くだけプレハブ」で住宅としての用途に絞ってみましょう。4畳〜8畳のタイプで販売価格を調べてみました。おおよそですけど4畳タイプが41万円、8畳タイプで67万円程度です。広さから考えると8畳タイプが割安に感じます。その他には設置料や配送料金がかかります。
用途によってはリースやレンタルも可能です。4ヶ月ぐらいが目安ですが、4畳タイプで8万円、8畳タイプで16万円ぐらいです。この値段からだと大きさに比例した価格設定ですね。

プレハブ住宅

プレハブ住宅って言いますと仮設・仮店舗・仮運営といったイメージに感じられますが、主要構造体の材質によって木質系・鉄骨系・ユニット系・コンクリート系等に分類されて本格的な耐久性・耐火性・耐震性・居住性に優れた住宅までいろいろな種類があります。
特に邸宅向けの住宅ではまったくプレハブということが判らないものも多く、既成概念だけでは語れないほどに進化しています。
現在、日本は世界一のプレハブ工法大国だそうで、住宅需要も年々増加傾向にあります。

楽天で探す
楽天市場

プレハブ工法

プレハブ工法とは、予め部材等、パーツを工場で製作・生産・加工しておいて建築現場では加工を簡略化し組み立てる建築工法のことを言います。
使用する建材料を大量生産によてコストダウンできるメリットや、設置等にかかる時間を軽減できることもメリットのひとつです。
ですが、規格化された部材等であるが故に、融通が利かない構造がデメリットとも言われています。
また耐久性の無いようなイメージもありますが、ひとくちにプレハブと言ってもいろいろな種類があります。特に最近のユニット住宅等では普通の一戸建てと同じ耐久性を誇っています。